北海道犬の購入、そして自宅へ

いきなりのロングドライブ!

自宅までの移動

生後3ヶ月の「クゥ」3

子どもにせがまれて、北海道犬を購入したものの、その子犬は紙のボックスに入れられての移動となりました。しかし、すぐにその紙のボックスを口で破って、自分の口を突き出す始末。その様子に、移動中にまわりから、「かわいい!」とよく声をかけられました。

しかし、大阪から自宅のある兵庫県まで車で移動です。いきなりのロングドライブに少々不安がよぎります。でも、考えてみれば、フェアのあった大阪の会場までは、車で移動してきたはずですし、経験はあるはずですよね。そのせいか、車の中では、それほどうるさくはなく、困るほどではなかったです。

移動の途中、お腹もすいただろうとご飯を食べさせてやりたかったんですが、お腹に物を入れて車に酔っては大変と、なんとか水だけで我慢してもらいました。

名前は?

生後3ヶ月の「クゥ」4 車の中で子どもたちが、この子犬の名前をいろいろ考えていたようです。なんとなく決まったような、あいまいな感じでしたが、「クゥ」に決定したようです。どこから「クゥ」になったのか、私は、名づけには一切かかわらなかったので、真意はわかりません。子供たちのやり取りからして、なんとなくのような気がします。実は本当は、「クー」だったようなんですが、あとで訪れる動物病院で、犬の名前を書かなければいけなかったんですが、そのときに私が「クゥ」と書いたことから、「クゥ」になりました。

一人ぼっち

生後3ヶ月の「クゥ」5

遅くなりましたが、無事自宅に到着し、早速家の中にゲージをセットしました。始めての場所のせいか、長旅のせいか、なかなか落ち着いてくれませんでした。おまけに、鳴き出すしで、大変でした。でも、あくる日は月曜日。子どもたちは学校、私は会社、妻はパートと、子犬にかまってばかりもいられないので、自宅ではあまり相手もしてやれずに、寝ることになりました。

あくる朝、いつものように、通学、出勤と家には誰もいなくなります。そうです、いきなり一人ぼっちにしなくてはなりません。大丈夫か?子犬にとっては寂しかったと思いますが、でも、仕方ありません。

妻は、お昼にはご飯を食べに帰ってくるので、丸一日、誰もいないということはないので、まだましだし、子どもたちは夕方には帰ってくるし、慣れてもらうしかありません。

えらい所に来てしまったと感じていたのかもしれませんね。


Copyright (C) 2008 soothingatmosphere.com All Rights Reserved.