最悪の事態!?

いきなりのピンチ!?

おかしな咳?

一人ぼっちの「クゥ」

我が家にやって来た北海道犬の「クゥ」。元気な様子なんですが、なにやらおかしな声というか、咳みないなものをよくしていたんです。どこかおかしいのかなとは、思ってたんですが、しんどそうな様子もないし、すぐにおさまるし、特に心配することもないと勝手に思い込んでいました。

しかし、この判断がのちの事態に発展するとは、思いもしなかったです。

フィラリア症???

咳はするが、元気な「クゥ」

もうすぐワクチンを打ってもらうし、そのときに動物病院でついでに診てもらおうと思っていました。しかし、たいしたことはないと思っていましたが、診断してもらったところ、なんと、フィラリア症の疑いがあるとのこと。フィラリア症とは、寄生虫によって、内臓をやられる危険な病気だそうです。だから、そんな症状がでてるんだったら、何でもっと早く来なかったのかと、凄く獣医さんに怒られました。特に、今回のような、集団で飼育をしているところの犬たちは、病気に感染しやすく、買ってから、一週間以内になくなるケースが多いとのこと。だから、集団で飼育をしているようなところで購入するのは、勧めませんと言われました。

最悪の事態

おすまし「クゥ」

確かに、変な咳は気にはなっていましたが、そんなにたいしたことはないだろうと、勝手な判断でした。今後、どうなるかはわかりませんが、最悪の場合もありうるような口調でした。もし、回復に向かっても、この咳き込むのは直ることはなく、一生付き合っていかなくてはなりませんとのこと。いまさら後悔しても遅いんですが、このまま最悪の事態を迎えるなんて想像もできません。絶対直る、良くなると気持ちをまぎらわせていました。また、気になったのが、他の犬にうつるらしく、犬だけ車に移動させてくださいと言われたこと。そんなに悪いのか。薬を待つ間、気分は最悪でした。

病状は良好

ちょっと一休みの「クゥ」

しかし、その後は薬が効いたのか、病状は悪化していない様子。元気な様子だし、最悪の事態は免れたかなと感じていました。相変わらず咳はしてましたが、最初に比べて回数が少なくなったような気がします。何度か病院に通いましたが、行くたんびに、体重が増えていました。獣医さんからも、きちんと成長しているし、今のところは問題ないとのこと。少し安心。よかった。ご自宅でのペットの体重管理

「クゥ」も咳き込む以外は元気で、体も大きくなってきています。病院でも最初の頃のように、薬を待つ間一緒に待合室でいられないこともなく、そんなこともあり、回復しているんだと感じずにはいられません。まずは、一安心です。


Copyright (C) 2008 soothingatmosphere.com All Rights Reserved.