北海道犬(アイヌ犬)と出会う

北海道犬との出会い

生後3ヶ月の「クゥ」1

きっかけはイベント

北海道犬との出会いは、以前飼っていた犬(マルチーズとシーズーのハーフ)が亡くなり、そのときの別れのつらさからしばらく犬はいいと私は思っていました。しかし、今まで一緒にいた犬がいない寂しさもありました。

そんなとき、大阪で、多くの犬や猫の販売しているイベントがあり、(2004年)そこに出かけたときのことです。私は見るだけのつもりだったのですが、かわいい子犬を目の前にしているうちに、子どもたちが、「買うて、買うて。」の連発。「ちゃんと世話するから。」「机はいらんから。」(小学校へ入学する前だったので)・・・やれやれ。

柴犬が北海道犬に

そして見つけてきたのが、北海道犬だったんです。最初、柴犬を探していたようなんですが、売り切れで残っておらず、見た目が同じような北海道犬を探しだしてきました。たしかに柴犬のようだし、値段もそれほど高くはないし、しかし、一番ひっかかかったのが、大型犬のコーナーに置いてあったこと。

今は子犬やから小さくてかわいいかも知れんけど、大型犬て、成長したらどれだけ大きなるねん。どうせ、また家の中で飼うんやし、今回はあきらめようと思いました。というか、私は最初から見るだけのつもりだったんですが。

引っかかる大型犬

生後3ヶ月の「クゥ」2

子どもたちは、もうこの北海道犬に決めたようで、その場から離れません。おまけに他の人に取られたらあかんと、ずっと抱っこしたまんま。しかし、大型犬がひっかかってしかたありません。今までこの北海道犬が売れ残っている最大の理由はやはり大型犬。世話するのに大変だと思っているのでしょう。私もそう思います。だから、今回は・・・。

しかし、そんな心配も露知らず、子どもたちはもう自分のものにした様子。私が渋っていると、目に涙をためて、「買うて。」と訴えてきます。

オスorメス?

実は、オスとメスの2匹いたんですが、どちらかといえば、私は飼うならオスのほうがいいと思っていましたが、オスはメスより大きくなるとのこと。大型犬が引っかかっているのに、まだ大きくなるんかい、でもメスは世話が大変そうやし、やっぱりオスのほうがええかなと考えていましたが、子どもたちの小さくてかわいいから「メスがいい。」の一言でメスになってしまいました。大型犬、しかもメス。私の心の引っかかりが増えてしまった。

そして、係りの人のメスはオスに比べて、おとなしいですが、なかにはお転婆な子もいますとのこと。この言葉が妙に気になったんですが、今思えば、その後のこの犬の特性から、絶対係りの人は、この犬の性格を知っていたにちがいないと確信しております。


Copyright (C) 2008 soothingatmosphere.com All Rights Reserved.